2周年を迎える事が出来ました。これからも、ずっと一緒に歩いて行きたいо
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
02
(Fri)

第2話 『見知らぬ車』 


第2話 『見知らぬ車』


毎日毎日慣れない仕事


不安ばっかりが先にたって


全然仕事が覚えられないо


仕事に行くのが苦痛で仕方なかったо


дкiйдちゃんは若くて可愛いから、ヘラヘラ笑って座ってれば平気だよо


若い子はイイよね、失敗しても怒られないしо


尊敬していたはずの先輩からの言葉


何気なく言った言葉かもしれないо


特に意味があったわけじゃないかもしれないо


でも、アタシは聞き流すことが出来なかったо


辞めてしまいたいと毎日の様に思っていたо


アタシの課は女性が②人しか居なくて


仕事の悩みを相談出来る人が周りに居なかったо


その頃付き合っていた人は


アタシの仕事の悩みを最初は黙って聞いてくれた


でも


日がたつにつれて


そんなに嫌なら辞めれば??


と言って不機嫌になり話を聞こうとさえしてくれなかったо


この時、彼自身も仕事を辞め就職活動をしていましたо


きっと自分の将来の事で頭がいっぱいで余裕が無かったんだと想いますо


でも、この時のアタシは


彼の気持ちに気付いてあげる事も


優しい言葉をかけてあげる余裕もありませんでしたо












+++










何のために仕事してるのか分からなくなっていたо


いつもの残業帰り


横を通る車から視線を感じたんだо


ただぼーっとしながら車を見ていたо


微笑みかけられた気がしたけど


視力が悪くて相手の顔も良く見えないし


知ってる人かな??まぁ、いいか・・・о


そんな気持ちのまま車の前を通り過ぎましたо


振り返るとその車は会社の前に停車していましたо


あっ・・・会社の人だったんだ


戻って挨拶しようか迷いましたо


誰だか確認しようと想って、思いっきり運転席を見ちゃったしо


でも、疲れていたし面倒くさがりなアタシは


明日誤ればいいかо向こうも気付いてないかもしれないしо


軽い気持ちでそのまま帰ってきましたо


でも、ァタシはこの後


本当に後悔する事になるんだ


戻って誤ればよかったってо



スポンサーサイト

コメント

 

この車に乗ってたのが
もしかしてもしかして・・・ ( ´艸`)♡
つづきが気になりますww

(*'I`艸)☆*:゜ 

どんくんさんへhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12">

キャハッッ(*◯'V`艸*)
これに乗っていたのが…
でも………みたぃな感じなんですよね((汗
時間見つけて徐々に更新します♪

 

続き、相当気になります(笑)

дкiйдさん、文才ありますねー!
小説っぽくて読みやすかったです♪

元ツマ今カノも小説風に・・・無理だ_ | ̄|○

あとりさんへっ★ 

ぇぇっi-201
文才だなんてっっi-282
全然持ち合わせてなぃですよっっ!!
ァタシの引き出し小さいですしо
本当に自己満で((苦笑

ァタシはあとりさんの元ツマ今カノとっても好きですよっ♪
面白くて、いつも引き込まれて見てますからっi-189

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://xxxahkissxxx.blog80.fc2.com/tb.php/87-c3f658c1

 | ホーム | 
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カウンター
My Proflie with Random Photo
②人の記念日
2006年4月29日
②人は付き合い始めました


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
♪BGM
©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。